黄色ブドウ球菌とアトピーの関係

皮フの表面には、表皮ブドウ球菌という善玉菌が繁殖しており、皮フが弱酸性に保たれています。ところが、血液や浸出液に覆われたアトピーの肌は弱アルカリ性となるため、悪玉菌の黄色ブドウ球菌が繁殖しやすい環境となってしまいます。

黄色ブドウ球菌が作り出す様々な毒素の一つ、スーパー抗原はT細胞(リンパ球の一種)を活性化させて、サイトカイン(細胞が産生するタンパク)をつくります。この結果、かゆみや炎症が強くなり、掻き壊し、アトピーが悪化するという悪循環になるといわれています。つまり、アレルゲンを作り出す黄色ブドウ球菌の繁殖を抑えない限り、いつまでもアトピーの悪化は治まりません。

アトピーを直すためには皮フのバリア機能を健全に戻し、黄色ブドウ球菌のような菌が住むことのできない皮膚環境を作り出すことが大切になってくるのです。

ヒノキチオールの殺菌効力

青森ひばに含まれるヒノキチオールは低濃度で黄色ブドウ球菌を殺菌できることが証明されています。ひば健香水に含まれる青森ひば精油(ヒノキチオール)はアトピー性皮膚炎の主な原因の一つとされる黄色ブドウ球菌を殺菌しながら、臭いも抑え「かゆみ」を緩和します。

黄色ブドウ球菌に対する殺菌効力試験結果

ひば健香水 殺菌効力・消臭効力 試験結果

平成24年2月16日 株式会社ブルーム試験結果
平成24年2月16日 株式会社ブルーム試験結果

ひば健香水

ひば精油を蒸留水だけで希釈した100%天然素材の芳香水です。界面活性剤(乳化剤)やエタノールなど一切含まれておりません。

ひば精油に含まれる「ヒノキチオール」には防虫、防カビ、防臭、抗菌効果などがあり、天然素材成分であるため、副作用もほとんど無いといわれています。

大好評のひば健香水がいつでもお求めいただけるようになりました!
100mlスプレーボトル(3本セット)500ml詰替ボトルひば倶楽部ネットショップからお求めいただけます。